身体の様々な症状に於いて治療をする事が医療です

私たちの身体は頑丈であると共に、逆に言えばかなりデリケートに出来ています。
幾ら頑丈でも、殆どの場合には、何かしらの症状が発症します。
それは皮膚であったり、身体の内部であったりします。
当然私たちの身体は頭から脚の爪先までです。
その何処かに異変や異常を来せば、必ず、その専門家の治療をしてくれる機関のドアを押すと言う事になります。
それが医療機関です。
医療とはその異常を来した部分を調べて結果に導いて、その異常、つまりは症状を緩和させる方法を取ります。
その方法を取るのが専門医、つまりは医者と言う事になります。
とにかく複雑な人間の身体のその何処かの異常たる症状を様々な症例、または事例と照合させます。
または人の身体が持つ自らの働きによって、そして年齢によっても、その症状を読んで治療に当たると言う事になる訳です。
そのためにも医師の判断は究極であり、そして、その医師の判断に基づいての看護師が医療の現場では常駐と言う事になります。